OLD TO NEW diary
by old_tonew
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
昇仙峡で水晶発掘?
山梨県甲府は宝石産業が盛んで、専門の学校や販売店、製造加工店もたくさんあります。
なかでも研磨はドイツと並ぶ2大中心地。昇仙峡で産出する水晶が甲府の宝石産業発展の基礎となったと聞き、寄ってみました。


昇仙峡入り口から異彩を放つ天然石の庭園。
c0151506_11292230.jpgジャスパー・ソーダライト・アメジスト・エビドット・アベンチュリン・タイガーアイ・ローズクウォーツ・レヒドライト・レッドアベンチュリーの9種類
c0151506_1130563.jpg
右:木化石‥2億年前の唐松の化石

c0151506_11382061.jpgc0151506_114223100.jpg
その奥には世界一の水晶が鎮座しておられました。そばによるとすごい迫力です。

c0151506_11455649.jpgこの水晶様は重さにして約12000KG、お足元にも大小さまざまな水晶がちりばめられて、さすが水晶の産地。今ではもう採れなくなったとのことでしたが、ここではあちこちになかなか見た事無い大きさの水晶が転がっていました。






c0151506_11512031.jpgそして昇仙峡へと降りて巨岩と言えるとてつもなく大きさの岩々に大きな滝。

わたしの石好きは父譲りで、子どもの頃よく2人で滝のふものとの河原に出かけ何時間も飽きもせず水晶探しをしたことを思い出します。
それでもお店で見る様な透明な水晶はありませんがくすんだ水晶は見つかったものです。
ここでもいざ!と思いましたが雨後で水は増水して河原に降りる事はなりませんでした。

c0151506_1158477.jpg




その代わり?お饅頭を食べながら居眠りをする宇宙人を発見!ここらの名物ほうとう饅頭ですか?










その後軽井沢に移動して友だちの別荘に泊めてもらい、翌朝は内村鑑三記念堂へ。

c0151506_12103037.jpgc0151506_12134253.jpg














石の小径を通って石造りの教会に行きました。天気はあいにくの雨だったけど、しっとりと濡れた石の教会内でゆったりと過ごしました。


c0151506_1215515.jpgその後はセゾン現代美術館へ。ここでもイサム・ノグチの大きな石の枠のオブジェを見つけたのでちょっとひと遊び。
くにがまえの漢字を色々作って、これは「個人」のつもりなんですが・・・わかりますか?

石・石・石の小旅行でした。





OLD TO NEW
http://www.old-to-new.com
by old_tonew | 2009-05-31 23:57
<< 伝統工芸金工展 不要アクセサリーで自然保護 >>