OLD TO NEW diary
by old_tonew
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ありがとうございました
地震が起こった時工房にいました。
どんどん大きくなる揺れに、あわてて作業台の下に潜りましたがまず火床のレンガが崩れ落ちあちこちでいろんな道具が落ちて割れ飛び散り、40kgはあろうかという金属製の大きなローラーやドリル盤まで大きな音をたてて落下しました。

その後も繰り返す余震に怯えながら陽は落ち暗くなり、心細さが増すなか家族をはじめ友人からのたくさんのメールに本当に励まされました。
自宅まで歩いている長い間にも、関東にいる友人とは励まし合い、関西にいる友人には励まされ絶えず届くメッセージにどんなに心強く助けられたか。
今も気にかけてくれて本当にありがとうございます。元気です。

東京でさえこんな思いをしたのに、被害の大きい東北の方々のことを思うと心が痛みます。
義援金と節電しか出来ず歯がゆいですが、みんなで出来る限りのことをして行きましょうね。
被災地では悲しみのなか余震や原発、寒さなど不安や心配が絶えないと思いますが、どうか励まし合って力を合わせ乗り越えて欲しいと心から願っています。
by old_tonew | 2011-03-13 20:39 | journal
<< 奥の間jam!!!!!!!!!... 植物画とアクセサリー >>