OLD TO NEW diary
by old_tonew
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Shop


オーダーのご相談は
old_to_new@icloud.com
カテゴリ
全体
trip
works
journal
未分類
以前の記事
2014年 03月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク
カテゴリ:works( 67 )
象嵌
c0151506_13252130.jpg

私が工房に入って心奪われた先生の作品のひとつにちいさなバラを大きなムーンストーンの周りに象嵌したそれはそれは見事な指輪がありました。
当時はその可憐さと緻密さにぽかんと口を開けて見ているだけでしたがいつか私も花が散った指輪を作ってみたいなあと思っていました。

そのいつかが随分遅くなってしまったけど、先生に教わって練習開始です。
触りすぎて立体感がなくなったりしながらも私のバラの表現を練習中です。
by old_tonew | 2011-11-30 23:24 | works
ご新築記念キーホルダー
c0151506_21203582.jpg

ご新築の記念品をオーダー頂いていたものが出来上がりました。
土地の形をしたベースにお家の形と方角マークをつけ、こだわりの部分や面積・完成日時を手打ち刻印しました。大きさはしっかり測って実寸の1/350サイズになっています。
ラフな仕上げをご希望でしたのでざらつきや炎による変色をいろいろ試して完成しました。

指輪も人生の節目に登場するものですが、こうした御記念品もまた大きな意味を持つものなので良い記念となることを願い、ずっとお手元に置いていただけたらとても嬉しく光栄に思います。
by old_tonew | 2011-11-28 21:20 | works
松ヤニを作る
c0151506_1043057.jpg

自宅作業用に工房で松ヤニを作りました。

松やにはその温度で自在に形を変え、冷えると固まる性質があるのでいろんな制作物の固定に使います
。工具やさんにも完成松ヤニやヒートフォームという便利なものが売ってはいるのですが、鎚舞先生独自の配合の松ヤニはとても使いやすいと評判なのです。

ただ、熱い!生松ヤニや地の粉や油などなどを鍋に入れて練って、熱いうちに手でも練って練ってと繰り返すのですが手にいくつもの水ぶくれが出来ました。
でもこれで退職後も家でしっかり固定する必要のある打ち出しや彫りが出来ます。

家が松ヤニ臭くなるのはいかんともし難いですが...
by old_tonew | 2011-11-18 23:39 | works
オーダーイニシャルネックレス
c0151506_13341666.jpg
c0151506_13351854.jpg贈り物にとイニシャルネックレスのオーダーを頂いて制作したもの。
ドイツに暮らしたことがあるとお聞きしたので、ドイツのフォントの「Z」をアレンジし用いました。

星の形がお好きだとのことでモチーフを追加し、揺れた時に足に入れたお誕生石が見え隠れします。
Silver950,Brass,London blue topaz
by old_tonew | 2011-11-08 13:31 | works
試作を重ねる
c0151506_1725505.jpg
オーダー頂いているマリッジリングの試作品です。
お二人の初めての共同作業がキャンプでのバームクーヘン作りだったとのこと、そこからご結婚指輪は層が重なるデザインに。素敵です。
これは試作のためシルバー+真鍮+シルバーの3層ですが本番はプラチナ+イエローゴールド+プラチナに。
それぞれ収縮率が違ったり融点が違ったり膨張率が違うため、なかなかに厄介なのを綿密に計算しそれぞれの内径きちきちに作った3本のリングを叩き込んで溶接し作ります。

思い入れのある方に、思い入れのあるリングが出来そうでわたしも楽しみです。
by old_tonew | 2011-11-06 23:24 | works
鎚舞彫金教室発表会作品発表会
c0151506_12261667.jpg




2日間の教室受講生による発
表会が終わりました。

たくさんのご来店ありがとう
ございました!

京都と東京とたくさんの生
徒さんの色んな作品を見る
のは本当に面白く、お会い
したことのない方も作風か
らどんな人か想い描けたり
して楽しいです。




右:展示風景
下-上段:スタッフ作品
 -下段:鎚舞先生作品


c0151506_1226135.jpgc0151506_12261027.jpg


c0151506_1226010.jpgc0151506_12255881.jpg



















左のリスは鎚舞先生がなんと1枚の銅板から鍛金で作られたもの。皆さん裏をみてびっくり。
上のかたつむりは先生の最高傑作です。


c0151506_12254953.jpgc0151506_12254868.jpg












 夜には先生を囲んでの親睦会。どたばた授賞式もあり遅くまで盛り上がりました068.gif思わぬ闖入者もあったり...ハロウィンだものね!
by old_tonew | 2011-10-30 23:24 | works
手紙
c0151506_1659148.jpg

c0151506_16591813.jpg

28.29日の展示に何とか間に合いました。

以前にも触れたかと思いますが、幼少時のわたしは本がとても好きな子どもでした。両親もたくさんの本を与えてくれ、特に嬉しかったは日本昔話でもなく、イソップでもアンデルセンなどの童話でもなくシェイクスピア全集でした。
もちろん子どもに読みやすく直されたものでしたが、赤と金の背表紙のそれを何度も繰り返して読みなんだか特別な作家となりました。

金属で手紙を作り住所を彫ろうと思った時、英語圏で実際に行って1番感動したところ、とすぐ思いついたのは数年前に訪れたシェイクスピアが埋葬されているイギリス中部の教会のアドレスでした。
便箋の方には常に心がけているシェイクスピアの一節 "no profit grows where is no pleasure ta'en."と彫ってあります。

生徒さんの作品はいずれも力作揃い、鎚舞先生の新作も並びます。
お時間があればぜひご来店くださいね!
by old_tonew | 2011-10-27 16:54 | works
封筒・習作
c0151506_1540597.jpg

今月の末についぶ東京工房で彫金教室受講生の作品発表会があります。
生徒さんが作られている作品がメインですが、わたしたちスタッフもそれぞれ1.2点出品します。
彫金にご興味が有る方などどなたでも大歓迎です。
お近くに来られましたらぜひお立ち寄りください。

第18回鎚舞彫金教室作品発表会
10/28fri. - 29sat. 10:00-20:00
ついぶ東京工房にて
渋谷区神宮前6-6-11ヴィラハセ3F
03-3407-7397
29日には17:15より親睦会も行われます。
by old_tonew | 2011-10-07 23:39 | works
文字彫り
c0151506_153087.jpg

いまちょっと考えているもののための文字彫り練習。
やっぱりわたしは何だか文章とか書体、本、手紙といった文字にまつわる物事が好きで何か彫るのでも「文字」というものは特別に楽しいのです。
by old_tonew | 2011-09-30 23:02 | works
オーダーエンゲージリング
c0151506_169542.jpg
c0151506_16101853.jpg









K18PinkGold/Center-0.236ct-D-VVS1-3exellent-Heart&Cupid
Side-Pink diamond 0.30ct




オーダー頂いていたエンゲージリングが出来上がりました。
ピンクゴールドにセンターには最高級ランクのダイヤモンド、サイドには12個のピンクダイヤモンドが彫留めされて並ぶ豪華な指輪です。
華奢な腕が流行りのいま、大きめのピンクダイヤをサイドに使ったため存在感のある新鮮な印象の指輪に仕上がりました。

ピンクゴールドはその可愛らしい色合いからとても人気があります。
しかしその表情とは裏腹に恐ろしく頑固な硬さを持つ扱いにくい素材でもあり、プラチナでは使わない神経と力と緊張を要します。
でも花嫁さんとなる方のとても白い指にはめられた時に淡いピンクが映えた事!
とても気に入って下さって、毎日眺めていますと言っていただけました。
by old_tonew | 2011-09-17 22:00 | works