OLD TO NEW diary
by old_tonew
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
アイヌ展
色んな国や地方の独自の文様が気になって旅先でも必ず博物館に行ってみるのですが、日本のものにも強い関心があります。
なかでもアイヌは独特の色遣いの文様と込められた強い信仰の意味にとても興味があり、川崎ミュージアムで開催されているアイヌ展に出かけて来ました。
c0151506_23453699.jpg
↑規則性をもって色鮮やかに刺された衣服の袖口や裾周りの刺繍は悪い霊が入り込まない様に施されたとか。
↓タマサイと呼ばれる儀礼用の首飾り。耳飾りや腕輪なども全て大ぶりで、色石と銀製が多い。
c0151506_23514015.jpg
近くで見ると繊細で緻密に刺された刺繍や彫刻で表された文様なのに、離れてみると大胆な印象に変わります。長い間翻弄され続けても誇りを失わないアイヌの強さを感じられる気がして、うんうんと唸りながらじっと見ました。



会場の川崎ミュージアムの2階では川崎市の歴史を古くから追って解るようになっていて、そこには気になっているドラゴンが!
c0151506_23593225.jpg
川崎市では大正時代まで雨乞い行事を行っていて、村中が総出で藁の龍を作って担ぎ周り、多摩川に流していたんだそう。
日本の神話でも登場しますし、龍が水を司る神様だというのは世界各国で見られる共通の言い伝えなのですね〜
by old_tonew | 2010-10-31 23:30 | journal
湘南の海

c0151506_2093530.jpg

c0151506_20101541.jpg

by old_tonew | 2010-10-27 17:17 | journal
湘南の海
c0151506_2045839.jpg



c0151506_2053960.jpg



c0151506_2052586.jpg

by old_tonew | 2010-10-27 16:04 | journal
気になるもの
ドラゴンをモチーフにしてみたいと考えて調べてみたら、語源はギリシア語のDrakon(ドラコン)という「見る・注視する」という動詞から派生したもので、知恵や富を守護すると考えられてきたとのこと。
世界各国色々な神話が残り、女性を守護すると考えられていたところや虹をドラゴンに例えるところも。
ガイコツモチーフの時もそうでしたが、ドラゴンも恐くせずに女性に身につけてもらえるようなデザインで考えています。
c0151506_20451775.jpg

by old_tonew | 2010-10-21 20:30 | works
ハートリング
c0151506_1954376.jpg

ハートの形をしていますが、指輪です。

向かい合っている相手から特によく見える指先。
そこにハートがあればかわいらしく気になってしまうのでは、と思って作った指輪です。
人形にこころを吹き込むように、色々なものを紡ぎ出す手先にもハートを!なんて。


イエロー、ピンクゴールドとシルバーがあります。
http://www.chum-apt.net/art_design/onlineshop/accessary/chm_a_026/index.html
by old_tonew | 2010-10-19 19:53 | works
三日目
今日は山の中まで散歩に。
c0151506_19323698.jpg

c0151506_19345941.jpg

道にはイガ栗が散らばってすっかり秋の風景です。
つやつやした栗が覗いているイガイガも。
どれも小ぶりでかわいらしい。

たんぽぽもすっかり綿毛になっていました。
c0151506_1937798.jpg

c0151506_19382981.jpg



お店の店先に並んだ、信州と言えばのりんご。
紅玉を買って帰ってみんなでりんごジャムを煮て、いいお土産に。





これは帰りにお誕生日にといただいたc0151506_19412874.jpg
Hiroquo Foujitaお作の器。

すっきりした形なのにぽかあんとした丸みの
縁に暖かみがあって、スタッキングが出来る
様にと作ってくれたのに並べておきたい
かわいらしさです。

自然の作り出すものと人の手の作り出す
工芸品に感動した三日間。
by old_tonew | 2010-10-11 23:56 | journal
二日目
軽井沢の朝
c0151506_18285566.jpg

c0151506_18313649.jpg
もう随分冷え込んでストーブが必要な気候のなか、きのこ集め。
今日は採集したきのこを集会所に持ち寄り、専門家が見分けてくれるんだそう。
普段見かけるきのこは極々一部で、日本だけでも5000種もあるそうで、そのうち毒性のあるものは約50種。最近誤販売事件もありましたが、少ないのに自生しているなかでよく見かけるのは、きれいだけど毒きのこ↓
c0151506_18363153.jpg


c0151506_18371786.jpg

鑑定後並べられたきのこたち。青い紙のものは食用、赤い紙は猛毒。
長テーブルいくつもに並んだきのこは色や形も色々で、自然の造形美に感心しきり。



c0151506_18472235.jpg


夜は庭でバーベキュー!
新鮮ないかをさばいたらわたがきれいに取れました。
イカ焼きにホタテに海老に、地の野菜ともちろんお肉も盛りだくさん。
虫の声もしない静まりかえった真っ暗な夜、しっとりとした空気のなかで舌鼓〜
本当に贅沢。
今年ももう最後の軽井沢でしょうか。藤田夫妻に感謝!


c0151506_1851298.jpg

by old_tonew | 2010-10-10 23:27 | trip
三連休、一日目
三連休は長野へ。
一日目は民藝運動にも大きく関わった松本民藝家具も好きだし、古い街並や家屋敷が今も残るということでずっと行きたかった松本に行って来ました。
c0151506_9424591.jpg
c0151506_9482479.jpg
松本市美術館の前には同市出身の草間彌生さんの巨大オブジェと草間デザイン仕様のコカコーラの自販機とベンチ。
デザイン缶のジュースはディスプレイのみで販売はしていませんでした。

松本城は思っていたより小さめだったけれど、別名烏城という名前の通りの黒漆塗がかっこよく雨が似合うたたずまい。城前では新そばの時期だったのでそば祭が行われていました。

c0151506_9475488.jpg

by old_tonew | 2010-10-09 12:48 | trip
order-made
オーダーでご注文を頂いた場合、気に入っていただけるデザインであることはもちろんのこと、ご予算内でそれを実現することが大前提。
素材が18金やプラチナなど、高級素材であればその材料費は大きいものです。
デザインの印象は変えずになるべく軽く。見えないところを削ってそれもまたデザインのように。
原型が出来るまで幾つか作ってみます。
彫金の世界では1gはたいへんな数字。

オーダーメイドと言うと敷居が高い印象があるかもしれませんが、出来うる限りのご希望に応えられるよう努力します!
余談ですが、オーダーメイドというのはオーダー(注文)+メイド(生産)の和製英語だそうで、本当はtailor madeというそうですね。元々洋服の仕立てが始まりだったことがわかりますね〜
c0151506_12161478.jpg
       18KYGになる前の原型の見えない裏側を一生懸命削っているところ。
by old_tonew | 2010-10-08 12:01 | works
婦人画報11月号
c0151506_17203766.jpg今月号の婦人画報に鎚舞先生の作品が掲載されています。
イタリアのダミアーニが毎月「海渡り合う美意識」というテーマで日本の工芸品とダミアーニの宝飾品を組み合わせて紹介しているページです。
先生の柿、瑞々しさまで伝わってくるような、本物と見紛う見事さです!

この柿も銅ですが、最近南米チリでの銅山落盤事故が連日報道されていますね。
銀より安価な素材で身近な銅ですが、わたしたちの手元に届くまでには、時に命に関わるような行程を経て届いているんだということを再確認するなあ〜と手にした銅を見ながら話しました。
by old_tonew | 2010-10-06 17:18 | journal