OLD TO NEW diary
by old_tonew
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2012年の宝物
c0151506_11443333.jpg
c0151506_11451722.jpg
c0151506_11453841.jpg
c0151506_1146023.jpg
c0151506_1146142.jpg


イラストを描いているあやちゃんから、こんなにも素敵な手帳をいただいた。
2012年のスケジュール帳。なんと全部、全ページ、手描き!!!!!
こんな手帳見たことない!手が震えた。
気持ちいっぱいの手帳に負けないようこれからの新しい日々の出来事を愛情いっぱいに書き留めていくね。
本当にありがとう!大事に大事に大事にします。
by old_tonew | 2011-12-31 20:45 | journal
突然のオーダー
c0151506_11481524.jpg
c0151506_11483126.jpg

古い友だちから奥様へ。
2人とも高校生の時の同級生。
毎年のクリスマスプレゼント、今年は私が作ったピアスを選んでくれた!
なんでもない感じで言ってくれたけどすごく嬉しかった。やっちゃん喜んでくれるといいな。
by old_tonew | 2011-12-23 21:47 | works
下鴨神社
元鎚舞さん、麻里ちゃんとまだ僅かに紅葉が残るという下鴨神社へ。
残り僅かな紅葉。京都で紅葉を見るのなんて何年ぶりかな。


c0151506_17593546.jpg

c0151506_180259.jpg

by old_tonew | 2011-12-21 00:04 | journal
実家での作業
c0151506_11494171.jpg

実家でもある程度作業が出来るよう色々送っておきましたが、想像以上にやりにくい!
ご出産お祝いのゴールドメダルに手彫り中。
by old_tonew | 2011-12-19 11:49 | works
京都本店へご挨拶
c0151506_17142680.jpg
鎚舞本店は押小路麩屋町にあります。
東京に移る前にお世話になっていた工房です。私が働いていた頃はまだ建て替え前だったのですが今はすっかりピカピカきれいな工房に。覗いているのは先生の足です。

c0151506_1714387.jpg

2階はギャラリーです。
c0151506_17144874.jpg


この日は先生と奥様にふぐや京都ならではのぐじなどなどの美味しい割烹料理をご馳走になりました060.gif
彫金のことだけでなく大事にされて来た子育ての記録を見せて頂いたり、ゆっくりお話出来てまた鎚舞に出会えた幸せを噛みしめた夜でした。
by old_tonew | 2011-12-18 23:58 | journal
京都へ帰る
c0151506_11511246.jpg

京都での里帰り出産のため今回は長めに帰ります。

平日の昼間なのに泉くんとなおが新横浜まで見送りに来てくれました。
いつもは心浮き立つだけの新幹線、今回はまた帰って来るのに何だか泣けて来て良い年してホームで涙するおかしなふたり。
なおとは学生時代からずっと一緒に過ごして来て、ある意味分身みたいな存在。
次に帰って来る時にはもう私は母親となっているはずで、なおが見送ってくれる姿にちょっと気恥ずかしい言い方をすれば懐かしくももう戻れない青春時代の私に見送られるような気がしたのかもしれません。
と、言っても年とともにただ涙脆くなっているだけかもしれませんが...042.gif

そんな感傷的な気持ちで京都到着。
by old_tonew | 2011-12-15 21:50 | trip
湘南へ小旅行
いつもの仲良したち、泉くんとなおと里帰り前の最後の小旅行。
京都に帰るとなかなか見れない海。何度も行きたい湘南・鎌倉ドライブに連れて行ってもらいました。

c0151506_13162479.jpgc0151506_1317135.jpg
















c0151506_13164124.jpgc0151506_12361483.jpg








c0151506_13164882.jpg
お盆はやはりの鎌倉彫。
c0151506_13163287.jpg






竹の寺とも称される報国寺。
色付く銀杏や紅葉。青く真っ直ぐな竹を見ながらお抹茶を頂く。お盆ややはりの鎌倉彫。

眼にも楽しい鮮やかな精進料理。
泉くんのお友達のお店《雲水料理 左阿彌》
口にも楽しいのです。ぜひ!




c0151506_13165831.jpg
c0151506_1317387.jpg
c0151506_13163662.jpg

c0151506_13154146.jpg海に沈む夕陽をずっと見守る。

原石や月蝕もそうですが、口が勝手にぽかんと開いてしまうほど圧倒される美しいものが自然に存在している力はすごいですね。本物には強烈に惹きつけられます。
最後にこんなきれいな海辺を見れて良かった。







⇦おまけ。海辺のツリーの飾りは全部海のもの!
by old_tonew | 2011-12-13 23:23 | trip
月蝕
c0151506_13264657.jpg

天体ショーに釘付けになった!
by old_tonew | 2011-12-11 00:27 | journal
東京ミネラルショー
数日なんだかぽかんと穴が空いたような気持ちで過ごしてしまいましたが、気を取り直して大好きな原石の集まる東京ミネラルショーに出かけて来ました。
c0151506_1781529.jpg

商品にする為の石の仕入れに宝飾展などに行くのとは違い、こちらは完全に趣味です。
原石はそのままでは身に付けるようにするには難しいですが、何と言っても石が呼吸して生きている感じがします。
なのでもう私たちの興奮度も桁違いで閉館時間まで見て、見て、見ました!
中でも欲しかったのは写真手前の十字石。
鉄やアルミニウムを含む双晶の鉱物で、天然でこういった十字の形をしています。
古くは十字軍のお守りになっていたとか。これは何かに仕立てられそうです。

c0151506_17103552.jpg

そして何より嬉しかったのはこれ!
ガーネットの原石なのですが、外国から出展されていたサンタクロースのような風貌のカナダ人のおじさんが突然くれたのです。
ストロングな原石だから、ストロングなベビーが産まれるよと言って。
偶然にもガーネットは予定日1月の誕生石。これはお守りにして宝物だー!
ありがとう大切にします!
by old_tonew | 2011-12-09 22:13 | works
大事なことはみんな鎚舞で教わった
c0151506_13244177.jpg

長い間お世話になった鎚舞を退職しました。
全ての人にとってそうであると思いますが、仕事は人生のなかでも長く大事な部分を占めるもの。
色んな工房、教室、先生がいると思うけれど鎚舞に巡り合えて幸運でした。
高い技術をいつも惜しみなくすぐに教えてくれる先生。刺激をくれて個性的な工房のみんな。

大事なことをたくさん教わったけれど、1番は眼でしょうか。
ものを見る眼・先生の技術を間近で目の当たりにした眼。
1人では絶対に得られなかったものだと思います。
この場でも厚く御礼申し上げます。

これからは自分で仕事を続けていきますが、彫金を続ける限り繋がっていられる尊敬する人たちと同じ舞台にいられるよう積み重ね続けていきたいと思います。
これからも宜しくお願い致します。
by old_tonew | 2011-12-06 13:25 | works