S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
骨董天秤
c0151506_19132414.jpg

工房のデジタル量りが壊れてしまいました・・・
必需品にも関わらず、代替が用意されないので京都本店が「代わりの送るわー」と言って大きな荷物で送られて来たのがこちら。
こ、これは・・・
まさかこんな骨董品が送られて来るとは思っていなかったので最初は面食らいました。
まず天秤が水平になるように置き、値がゼロになるよう調整して、片方に量りたい物を置き、片方に分銅を使って、少しづつ少しづつ合わせて行く・・・・・あー時間がかかる!

でも使ってる内によく出来ているなあと唸らされました。
動力は全て人。分銅を手作りすればかなり精密なところまで量ることが出来ます。
愛着も湧いてきて、天秤がぴたりと水平に整った時、重さが釣り合っている様子が美しくさえみえます。

あせることはないわけだし。昔はみんなこれで量ってきたわけだし。
たまにはのんびりとぴたりと水平になるまで天秤に向き合うのもいいかな。



OLD TO NEW
http://www.old-to-new.com
by old_tonew | 2009-06-29 23:11
<< DIALOG IN THE D... 鬼子母神の手創り市 >>